都密、X'masの話









散歩に行こうか、そう誘って来たのは都筑だった

(「俺が暗いとこ苦手だって絶対忘れてるなコイツ…」)

真冬の午前2時、寒いのでマフラーと手袋をつけそしてそっと人間界へ行く

「…眩しい」

イルミネーションの灯りが静かに俺と都筑を照らしていた、X'masなのに真夜中だからか人通りはあまりいない
思わず目をスッと細める。都筑は鼻で笑い、すっと俺の目を隠す。片手で押さえられて、毛糸の手袋がモコモコする

「綺麗だろ?」

「ああ…、でも見えない」

「寒いだろうと思って」

視界から障害が消え、その代わりに頬に小さくキスが落とされる

(「…寒くないのに」)

顔が熱ってくるのが分かる、それを都筑自身に悟られないようにマフラーを鼻まで隠す

「恥ずかしかった?」

「バカなこと言うな」

いきなりかっこ良く見せられたって困る

「…おい」

だから

「………っ」

俺だってかっこ良くみせてやるよ、背伸びしてるのは見ないことにしてくれ





-終-
↓あとがき
X'masの話、のつもり






[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ