銀糸のあなたは、愛妻家。



あなたは、いつも。


やさしくて、やさしくて。


薄桃色の、幸福感に飲まれそう。



神様。


これ以上は、もう望みません。


どうか、ずっと彼が。


愛妻家でいてくれますように…。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ