月姫譚-ツキヒメタン-



とても大好きだった親友。
大切だった親友。
―――…それなのに、理不尽な理由で奪われた。


憎しみの炎にこの身を焦がし、私は仲間達と共に復讐を決意した。


さぁ、私の掌の上で踊り狂いなさい。愚かな魔女と、その奴隷共。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ